心が疲れて、尖って、腫れて、硬くなって

最近、
嫌なことと
腹立つこと
残念なこと

疲れで、

心が疲れて、尖って、腫れて、硬くなってる。

いつも穏やかで余裕のある心とは完全に別物だ。

こうゆう時の心は、
存在するだけで、
無意識に人を傷つけてしまう。

だから無用意に人に触れちゃいけない。
余計に傷を大きくする。

だから大げさに笑う。
気付かれないように。

でも、
社会に生きてる以上、
人との関わりは避けられないし、
いつまでもこんな状態じゃいられない。

そんな心を
少しずつほぐして、
癒して、治療するのは、

自分自身とのコミュニケーション

そう、対話。

自分の心が疲れて、尖って、腫れて、硬くなってることを自分自身がちゃんと認めてあげること。

認め方は、簡単。
愚痴や毒素を思いっきり吐き出すこと。

吐き出し方は、いろいろ。
ある人は人が全くいないところで電柱に当たるし
紙に書きなぐって捨てたり
僕はシャワー浴びながら大声で吐き出してる

これはきっと
心がバランス取ろうとしてる
とっても大事な事で平常なことだから

そんな自分自身を大切にしてあげよう。

自分自身を守ってあげよう。

今日も1日がんばろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です