トラストコーチング×「ターニングポイント」

こんばんは!

今までターニングポイントにであったことありますか?

大きく人生を変えるようなターニングポイントが人生には3回あるなんて言われているみたいですが、

僕は今の所、2つ・・・かなぁ

一つは小学校3年生のとき

もう一つが去年の夏ですね。

どっちも思い切って飛び込んでみたことがきっかけでした。

もちろんそのときはターニングポイントになるなんて思ってもなかったですし、

個人的な決めつけでしかなんですけどね

でもあのときそうやって決断して行動できたことが、

大切にしなきゃいけないなと思う部分であります

悩みに悩んで悩み抜いて

もしくは

直感的に

自分がやると決めて、起こした行動の数だけ、

自己信頼に繋がっていくんだと思います

自己信頼をトラストコーチングで習慣付けてみませんか?

トラストコーチング×「見方」

おはようございます!

暖かい…!

春が来たのでしょうか!?

穏やかになりますね。

さて。

最近気づいた事があります。

気があう人は共通して

海山川など自然が好き

不思議とそんな見方、

見てる方向って、

似るというか

共鳴みたいのがあるんだと思います!

ということは、

普段の自分との向き合い方って

凄く重要なんでしょうね!

 

トラストコーチング×「就活」

こんばんは!

今日も夜が更けて来ました。

最近OB訪問で就活生と話す機会が多いです。

就活のシステムだったり、

人事がなんたらなど、とやかく言うつもりはありゃしやせんが、

本で読んだこと、

先輩がいってたこと、

ネットに書いてあったこと、

友達がいってたこと、

他の会社の人がいってたこと、

そんなことを大体の人が引き合いに出して、

よくある質問を聞いて来ます。

そして、「あなた」の事がなかなかでてこなかったりします。

就活生は不安で不安で仕方ないと言います。

すごく分かります。僕も就活生だったので。

でも不安を埋めるための就活じゃなくて

「あなた」をぶつける事が、

就活なんじゃないかなって、思います。

そうやって社会に自分をぶつけた時に初めてわかることがあるんだと思います。

僕なんて何が言いたいのかわからない。

君はどんな人なのかわからない。

わからない。わからない。わからない。って言われ続けましたからね。

最初はニセの自分でも、

ぶつけてぶつけてぶつけまくるとなんとなくでてくるんですよね( ´ ▽ ` )ノ

これって就活生に留まらず、

誰にでも言える事だと思います。

「なぜ不安なのか」をいろいろな手段を使って、

ぶつけて、知ってることで、理解できる。

暗闇のお化け屋敷は怖いけど、

明るいお化け屋敷は怖くないもんね((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

トラストコーチング×「悪いのは誰だ」

こんばんは!

夜もだいぶ深くなってしまいました。

まだ火曜日なんですけどね。

さて、今日のテーマですが、

「誰のせいだ!」です。

社会人になると誰のミスなのか

とってもしつこく追求されますよね。

社会人になって初めの頃は本当にびっくりしました。

いろいろなパターンがあると思いますが、

「お前のせいだ」と必要以上にいわれるとなかなか辛いですよね

理不尽なツケがまわってくることもまちまちとあるような。

そんなとき発散の仕方も十人十色だと思います。

しかし発散方法を間違えちゃうと思わぬところで大事な人を

傷つけてしまうこともあるかもしれません。

自分自身がつらくてくやしくてしょうがないとき

「どんな対応や振る舞いをしていたらステキな自分ですか?」

ps

もちろん状況や内容によっては例外ありですが!!

 

トラストコーチング×「がんばれ」

こんにちは!

久しぶりに、ひどい頭痛とむかむかでとってもきつい土曜日でした・・・。

そうです。二日酔いです。

そんなこんなでずっと寝てたら、夢をたくさん見ました。

部活をやってた頃の夢です。

小学校・中学校の部活では、コーチや監督、いろんあご両親などから

「がんばれ」

と言われてました。

僕もチームメイトに「がんばれ」としかいいませんでした。

高校に入り僕はチームメイトにあんまり「がんばれ」とは言わなくなりました。

ここが「良いところ」だから伸ばせるように「がんばろう」

また「よくやったね」「がんばったね」という言い方になりました。

小学生・中学生の僕は全て上から目線でした

高校生の僕は仲間の力を借りなきゃ試合勝てないことをある出来事から重々にしったので意識が変わり言葉使いが変わりました。

普段の生活でも出来る限り上から目線になってはいけない

つねに自分自身を斜めから上から後ろから視れる視点を持てたらいいなぁなんて

昨日の夢を思い出して

想っている日曜日の午後です。

トラストコーチング×こころの状態

こんにちは!

ゆったりとした午後を過ごしております。

シェアハウスにはテラスがあって、

ユーチューブで海の音を聞きながら

日向ぼっこしてました。

沖縄の海に行きたい。

なんなら千葉でもいい。

そんな午後を過ごしてる時ってこころってやつに余裕ってありますよね

こころのキャパシティってひとそれぞれですがあるような気がします。

抽象的な言い方ですがこころって一つの役割として不安や悩みをストックする部分があると思ってて、いっぱいになったこころはどうなるでしょうか

そうです

溢れちゃいますよね。

だからこそちょっとゆっくり自分と対話する時間が大事なんだとおもいます。

目を閉じて、リラックスして、自分自身に質問する。

そうして不安をちょっとずつ吐き出したり整理する。

そんなこともコーチングだったりするような気がします。

トラストコーチング×「聞き上手」

こんばんわ!

突然ですが

昔から人の話はちゃんと聞きなさい

って言われてました?

わたしは言われてました。

人の話をちゃんと聞かない落ち着かない子供でした・・・

大切なことだからなぜ人の話を聞かなければいけないのか。って

学校では教えてもくれませんでしたし・・・

「聞き上手とはなんでしょうか

ちなみに

あなたの周りに「聞き上手」な人っていますか

あなたが聞き上手だと思う人はどんなコミュニケーションをとることで

「聞き上手」になっているでしょうか?

その人に対して、

聞いているよ。

興味があるよ。

といった姿勢で聞いているのではないかとおもいます。

こころを向けるようなイメージでしょうか

そのような聞き方は話している人に「安心感」を与えます。

安心感は信頼を作ります。

だから人の話を聞くことが重要なんですな〜

信頼関係の第1歩めは聞き方の改善で!

大切な人の話にこころを傾けよう!